勉強は自分の為

勉強をそもそも生涯する必要が出てきている

子供の頃は、今は学校で勉強してテストがあっても、大人になったら仕事をするという漠然としたイメージがありました。
しかし、大人になるにつれて、仕事をするために勉強をするということがあると気付きました。
自分の専門分野があるなら、専門分野の最新の情報に精通していなければなりません。
管理職になればマネジメントについて勉強する必要を感じるかもしれません。
人間関係について、大人のマナーについて、思ってもいなかった配属変えによって、ビジネスマナーを教える立場になることもあるかもしれません。
人前で話す機会が増えたという人も、ワードやエクセルさえ使えればいいと思っていたら、思わぬ勉強をする必要に迫られる人もいるかもしれません。
栗原はるみさんも、自分のレシピを外国に住む人に自分で説明したい熱意で勉強も進んだのではないでしょうか。

ダイエットに役立つ7 KETO

アミノ酸の総称「BCAA」

body mintで体の臭いのお悩みを解決しませんか?

DHA(ドコサヘキサエン酸)

血液をサラサラに変えてくれるEDTA